【お花屋さん】オーナーの佐竹さんにおしごとや想いについてインタビュー!フラワーボックス体験もしました!

今回のおしごとスニークピークはお花屋さん紹介ということで、大阪府高槻市にあるフローリスト佐竹さんにお邪魔しています。

佐竹さんがお花屋さんになった経緯やお仕事にかけるステキな想いを聞かせてもらったり、ボックスにお花を飾るフラワーボックスの体験をさせてもらいました!

ということで、インタビュアーのしゅうじです!

早速インタビューを初めていきたいと思います!

よろしくお願いします!

そして、今回お話を聞かせてもらったフローリスト佐竹のオーナーである「佐竹 龍二」さんです!

よろしくお願いします!

インタビューの動画はこちらからチェック!

後編では、フラワーブーケを作る体験をさせてもらいました!

お花屋さんでフラワーブーケ体験

それでは行ってみましょう!

【質問1】フローリスト佐竹はどんなお店ですか?

このお店はですね、僕が3代目ということで僕のおじいちゃんの代が1928年に、ここ高槻の富田で始めたお店です。

なので、もう少しで創業100年になりますね!

僕が3代目としてお店をやっているのは、12〜3年くらいです。

100年!富田の地域の中では老舗ですね!

そうですね!ありがたいことに、おかげさまで長いことさせてもらっています。

【質問2】お花屋さんになるにはどんな勉強が必要?

僕の場合は、中学3年生くらいから華道を習い始めましたね。

お店がお花を納めている先生のところに通っていたのですが、そこで大学を卒業するくらいまで十数年の間、華道を習っていました。

そして、大学に入ってからは、その華道を並行しながらフラワーアレンジメントも習い始めました。華道は和風なんですが、フラワーアレンジメントは洋風なので、同時にできていましたね。

なるほど、やっぱり華道やフラワーアレンジメントをしっかりと身につけることが必要なんですね。

今は、教室には通ってはいないのですが、日々自分で考えて改善を繰り返しています!

新しいものを取り入れたり、いろいろな努力をして、自分なりに勉強を続けています。

ということは、大学で華道やフラワーアレンジメントを勉強した後、大学を卒業されてからすぐにこのお店で働き始めたのですか?

いいえ、そういうわけではないんです。

短い期間だったのですが、大学を卒業してからは別のお花屋さんでお花の勉強をする「終業」をしていました。

大阪の心斎橋でひとり暮らしをしながら、2〜3年の間通っていました。

確かに、大学を卒業したばかりだと、働き方やお客さんとの接し方などわからないことだらけですからね!

その終業期間で、お花のこともですが、そういったマナーなども勉強されたんですね。

【質問3】楽しいことや辛いことはなんですか?

お花屋さんといっても、結局は商売なのでお客さんからお金をいただく、儲かることが大事だと思います。ただ、お花を触っているだけでは、楽しさというところには繋がっていかないのかなと思います。

お花屋さんなので、お客さんに喜んでもらえるようなお花を自分自身で仕入れるのですが、どのお花が売れそうか考えながら選んでいます。そして真剣に選んだお花をお客さんに喜んでもらえると、こちらも嬉しいですね!

お花を選ぶ時には、僕自身の好みばかりにならないよう、お客さんが欲しくなるお花や希望されているお花を仕入れるようにしています。また、逆にお客さんの好みばかりを聞いているとそちらも偏ってしますので、そこにお店のエッセンスというかオリジナリティを持たせるようにしています。

なるほど!お花を仕入れるところから、お客さんに喜んでもらえるように考えながらされているんですね!

お花はたくさんの種類があるので、選ぶのが難しそうですね。

そうですね。そこのマッチングが難しいですが、うまくいくとお客さんに喜んでもらえるので、嬉しいですね!

【質問4】逆に難しいことはどんなことですか?

厳しいことというか、一番悲しかっとことといえば、このコロナが始まってからのことですね。

特に、卒業式や入学式がほとんどなくなってしまったことですね。

1年12ヶ月のうち、やっぱり一番のメインだと思っているので、やっぱり悲しかったですね。

全国的に中止のところが多かったですよね。

そういった大きな式の場合は、ずっと前から注文をしているんです。なぜかというと、全国的に卒業式や入学式が一斉に行われるので、お花の需要が一気に上がるので、先に注文をかけておかないと、欲しいお花が手に入らないことも出てきてしまったりするんですね。

今回は、先に受けていた注文が卒業式や入学式が無くなったということで、キャンセルになってしまったりしたので、せっかく注文したお花を捨てないといけなくなったりしてしまいました。せっかくのキレイなお花を捨ててしまうのはとても悲しいですし、そのお花を作っている農家の方も同じ気持ちだと思います。

お店としても、キャンセルになった部分はお金をいただけないので、正直厳しかったですね。

それは悲しいですね…

気持ちの面でもお金の面でも悲しいですね。

今思えば、余ったお花を使って、フラワーアレンジメントの教室などを開催すれば、いろんな方にお花を楽しんでもらえたかもしれなかったですが、その時はそういった考えが浮かびませんでしたし、気力もなかったですね。

こんな状況ですが、もっとみなさんに喜んでいただけるお花パワーの使い道を考えたいですね!

佐竹さん、ありがとうございました!

ということで、引き続きフラワーボックスの体験をさせてもらいます!

体験の動画はこちら!

後編では、フラワーブーケを作る体験をさせてもらいました!

お花屋さんでフラワーブーケ体験

次回もお楽しみに!

Let’s スニークピーク!


フローリスト佐竹について

住所大阪府高槻市富田町1丁目6−8
電話番号072-696-1864
インスタグラムhttps://www.instagram.com/florist.satake/